July of 2007

積水ハウスの“進化した木造住宅 シャーウッド「縁の家」(ゆかリのいえ)” のカタログの中へ、ロゴバが取り扱う北欧家具の名品、Danish furniture Studio-Kitani の復刻したフィン・ユールのイージーチェア“No.53”を採用していただきました。
そのTVコマーシャルでは、素敵な女優さんがにこやかに“No.53”にお座りになっていて、シャーウッドの上質な空間に、ゆったりとした心地よい時の流れが感じられます。
日本が宿る、住まい。
日本古来の伝統美。
美しい日本の家には、それを生んだ風土や暮らしの文化、
人のこころが在ります。


自然との縁、人との縁、街との縁 を感じる家。

雨に濡れたいぶし銀の瓦屋根。
軒が落とす深い影。
縁先からつながる築山の庭。
一服の涼風が、夏障子を吹き抜ける。
先人たちが培った洗練された感性や美意識、自然観は造形となって住まいにも表現されています。

目を凝らし、耳を澄ませ、肌で感じる。住まいに宿る、生活の息づかいとぬくもり。四季の自然に寄り添いながら、ゆっくり、穏やかな暮らしを慈しむ日々が始まります。
     
自然との縁

住まいと自然を、心地よくつなぐ
   
人との縁

気配が、人との距離を近くする
   
「木の魅力」を味わっていただく、シャーウッドだけのプレミアム・インテリア。 「縁の家」では、希少価値の高い、無垢の銘木を用いたインテリアが提案されています。
REAL GRAIN collection
肌に触れたときの心地よさ、使い込むほどに増す銘木の美しさ。
無垢材ならではの味わいが活かされたラグジュアリーな空間が、時を重ねるごとに深まる、味わい深い空間を作りだします。
2階の樺桜を使用した贅沢な室内に、
北欧家具の巨匠フィン・ユールが1953年に
デザインした名作“No.53”が見えます。
1940年代以降の、デンマークを代表する建築家であり家具デザイナー。
彼のデザインした椅子の多くは、彫刻作品を思わせる肘掛けと、フレームから浮いているかのように取り付けてあるシートに特徴があり、“No.53”もそのような構造をしています。肘掛けのパーツは一枚の無垢材から削りだしています。
Finn Juhl
1912〜1989
No.53 Easy Chair[FJ-01]
街との縁

美意識を表現し、街並みに融和する
>> 積水ハウス株式会社 シャーウッド「縁の家」TVコマーシャル 「生きかえる道具たち」篇へ

March of 2006

Ritzwell のカタログの中に、現代の最高の織手が織り上げたロゴバのキリムを採用していただきました。
株式会社 リッツウェル

本社:福岡市博多区板付5-2-9
リッツウェルは、お客様の視点に立ったマーケティングに基づいて、一切の妥協を許さない世界水準の品質とデザイン性を追求し、モノづくりにおけるオンリーワン企業を目指しておられます。
リッツウェルの素敵な家具の前に敷かれた“Simple & Rich”のテイストをもつロゴバのキリムは、お部屋の雰囲気を和らげ、心地よいくつろぎを提供しています。
草木染めされたキリムは、お部屋に温かさとともに、空間のアクセントとして花を添えています。
“ABRASH”
“アブラッシュ”(キリムの良し悪しを判断する最も大切な要素で、糸の色の濃淡・太さの大小がつくり出す風合い) の美しさとユニークな文様をもつキリムが、足もとに豊かな表情を演出しています。
>> 株式会社 リッツウェル HP