8Bodies of Bear Chair + Hanne Vedel 展


この度ロゴバ東京店にて、
8 Bodies of Bear Chair + Hanne Vedel 展
を開催致します。

 

ベア糸

 

8 Bodies of Bear Chair + Hanne Vedel 展

会期:10月14日(土) 〜 10月30日(月) 
会場:ROGOBA DESIGN ON LIFE _ Tokyo
   東京都千代田区平河町1-3-14

 

特別セミナー開催

テーマ:“PP Møblerの目指すもの”
講師: Kasper Holst Pedersen 氏(PP モブラー社 3代目社長)
日時: 10 月25 日(水) 14: 00 -16: 00
定員: 30 名(事前申し込みが必要。先着順。参加費無料。)
★ 申し込み方法:ホームページ www.rogobagroup.com 内の
お申し込みフォームをご利用ください。


 

デンマーク家具デザインの巨匠ハンス J. ウェグナー
彼の作品の中でも最も快適な座り心地と
心の豊かさを提供する名作“ベアチェア” が、
このたびロゴバ東京店に総勢8体集結いたします。

一人掛けとしては非常に高価な(239万円税抜〜)ウェグナーの代表作 ベアチェア” が、
同時に8脚も揃うイベントは日本初で、世界的にも初めてだと思われます。

これまでにたくさんの “Bear Chair(ベアチェア)” をお客様にお届けしてきたロゴバ。
今回は、フィン・ユールやハンス J. ウェグナーなどデンマーク家具デザインの巨匠と
さまざまな協働を行ないデンマーク家具の “GOLDEN ERA(黄金期)” を共に築いてきた
デンマークを代表する伝統的な織師ハナ・ヴェーデル(Hanne Vedel) 女史(1933〜 )
自らが制作し大切に取り置いていた貴重なファブリックを纏ったベアチェアも特別に登場。
ロゴバ東京店で
、世界で初めて公開し販売いたします。

そしてハナ・ヴェーデル女史が、ウェグナーの代表作 ベアチェア” のため今回特別に考えイメージした
素敵な張地の組合せ案も、ロゴバ東京にお越しいただいたお客様にはご覧いただけます。
 

Hanne


さらに、会期中の10 月25 日(水)には、現在 ベアチェア / PP19″ を作製する
PP Møbler 社の新社長 Kasper Holst Pedersen 氏の初来日を記念する特別セミナー
PP モブラーの目指すもの』を開催いたします。

※ 限定のベアチェアに使用されるファブリックは、ハナ女史の手織りのプロトタイプであり、
かつて教会や銀行、裁判所などで採用されたものや、
ハナ女史の手元に残されてい
た貴重なデザインサンプルです。
そのため、世界的にも非常に価値あるベアチェアであること
は間違いありません。

ぜひ東京店へお越しいただき、個性豊かなベアチェアに出会ってください。


カテゴリー: 北欧家具, 未分類 タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

post date*