“PH3/2 琥珀色テーブルランプ”が限定発売!


ルイスポールセンより、琥珀色の三層吹きガラスと真鍮を使った

“PH3/2 琥珀色テーブルランプ”のリミテッドエディションが販売されます。


琥珀_1


昨年限定品として販売された“PH3½-3 琥珀色ペンダント”に続き、

日本では、11月1日より300台限定で発売されます。 

 
 
“PH3/2 琥珀色テーブルランプ”は1927年にポール・ヘニングセンによってデザインされました。
クラシックな琥珀色の三層吹きガラスが使用され、
暖かみのある光が、格調高い雰囲気を生み出してくれます。
 
 
  
PH3/2 琥珀色テーブルランプの基本デザインは、
1926年ポール・ヘニングセンにより発明され、
3枚のシェードを用い光の大部分を下方へ向け眩しさを取り除き、
ランプ自体が美しく発光するというデザインです。
 
 
吹きガラスのシェードは1枚1枚がハンドメイドで作られ、
微妙に異なる一点ものであり、機能的で美しい照明としてだけでなく、
固有のアート・ピースとしても価値を持っています。
琥珀_5

 

スイッチの構造も1927年当時と同じ、
支柱の根元部分に設けた棒状の
スライド・スイッチです。

真鍮素材のスイッチの下には、
ポール・ヘニングセンのイニシャルが
刻まれています。

 

 

日本では、11月1日より販売を開始し、300台限定となります。

限定生産のため、お早めにお問い合わせくださいませ。
カテゴリー: 未分類 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

post date*